☆☆☆☆☆☆ 丹馬ライディング・クラブ ☆☆☆☆☆☆

ホーム » 「ホマレオー」タグがついた投稿 (ページ 2)

タグ別アーカイブ: ホマレオー

アーカイブ

新年明けましておめでとうございます

本年もよろしく、お願いします
ホマレオー、ジェニェ、マローン

「ホマレオー」 年配馬として私から新年のごあいさつを申し上げます。

環境のよいこの地で生活ができることを我々嬉しく思っています。これからも健康に気をつけて皆さんに馬く乗っていただくよう頑張ります。

正月は大雪の中を爺がきてくれました。雪のため途中から馬場までは歩いてきたそうです。その時の積雪写真を撮ってきてくれましたので紹介させていただきます。ヒヒーん

本年はよく頑張りました

ジェニェ、マローン、ホマレオーご苦労さんでした。君達が健康で正月を迎えられることは爺としてもうれしい、特に今年は私の6回目の寅年だったがなんとか健康を保つことができた。
ところで一つ聞いておきたい。

「マローン」 なんですか?

爺 来年はウサギ年だ、君達の中にウサギ年はいたかなあ?

「マローン」 爺 何を言ってるの、僕らはみんな馬だから馬年だよ

爺 うーん、そうなるのか、まあいいや、聞きたいのは、私は朝の食事当番だから知らなかったが、夜の当番の会員から聞いたんだが夜ネズミが出て 君達のこぼしたものを食べに来るんだって?知ってたかい。

「マローン」 知ってるよ

爺 それで黙っているの、言ってやれよここへは来るなって黙ってたらクセになるよ

「マローン」 僕らも言ってやたよ、なあジェニェ、ホマレオー
「ジェニェ」 そうだよ、彼らは態度がおおきいんだよ

爺 どうして

「ジェニェ」 さっきも爺が「干支」の話をしてたけどネズミが言うのには、干支はネズミから始まる 君達は7番目じゃないか 爺にしても寅は3番目じゃないかと言うんだ、爺だって馬鹿にされてたよ

爺 なんだって、ほかに何か言ってたかい

「ホマレオー」 僕の横に飼料置場があってネズミの被害があるからとネズミ捕りを設置して爺が張り紙をしてたでしょう

爺 それがどうした

「ホマレオー」 その張り紙に「チュー公に告ぐ いつも袋に上手に穴を開けるね、今度は網の中の肉もうまく取れるか挑戦してみよう」とネズミ捕りに肉を入れて設置したでしょう、ネズミが皆集まって子供だましだって笑っていたよ、それも豚肉だ!せめて牛にせよって もっと知恵をださにゃ

馬との会話

「ジェニェ」 皆な聞いてよ

「マローン」「ホマレオー」 なんだよ!

「ジェニェ」 この前に爺が給餌をしてくれた時のことだよ、僕が食事をしているときにいつも首のあたりを撫ぜてくれるんだけど、その時はなんか少し冷たいと思ったんだそこでちょっと盗み見したんだ、そしたらポケットから「必勝守」って書いた成相寺のお守りっだった、それで僕をなぜながら「お願いします」と独り言を言ってたよ

「マローン」 知ってる、成相寺といったら天橋立にあるんだ

「ホマレオー」 分かった、僕らが競馬で走っていただろう、だから馬券を買って当たるようにと祈っているんだ

「ジェニェ」 そうか、懐かしいな競馬場で走っていた頃を思い出すね、僕だって今日は絶対に勝てると思っていたし1番人気だったのにとんでもないんのが1着になったからね、分からんけどまあ、爺頑張ってよ

爺との会話

「マローン」 皆さんご心配かけました、今は食欲充分です。人々は一度やせても油断するとすぐ太るから困ると言われますが私は一向に腰の筋肉がつきませんわ、なんでだろう?

「ジェニェ」 それにしてもこの暑さ僕らも46時中扇風機をかけてもらっているがどうにもならん暑さだね、爺が相当弱っているね僕らの食事をするのにも一服しながらやってるね

「ホマレオー」 動物の中でも馬と人は汗っかきの代表選手なんだって、東南アジアには「ドライコート」と言って馬が汗をかかなくなる病気があるんだって、そのため馬体が弱ってしまうんだよ、せいぜい体温調整のために汗を大いにかこう!

馬の会話

「ジェニェ」 マローンその後痛みはどうだい
「マローン」 ありがとうもおう大丈夫、痛みはなくなった
「ホマレオー」 よかったね、食事の方はいいのかい
「マローン」 うん、痛いときは食べる気にならなかったけど、今は食欲旺盛、さっきも爺が来てよく食べるようになったと驚いていた。それに褒められちゃった。
「ジェニェ」 爺が何を褒めてたの
「マローン」 獣医さんが来て注射を打ってもらったんだけど、牛は痛いと言って暴れるんだって、僕なんかこれでよくなるからと思ってじっとがまんしてたから、エライと言って獣医さんが褒めてくれたんだって

馬の会話

「ジェニェ」 マローンどうしたのだ、昨晩大変苦しんでいたようだが大丈夫か
「ホマレオー」 そうだよ、大きな音をたてていたから心配してたんだ
「マローン」 みんな夜中に起こしてごめんよ、痛くてどうにもならんかった
「ジェニェ」 疝痛(馬によくある腹痛)にでもなったんか?
「マローン」 そうじゃないんだ、厩舎で寝転んでいたときになったようだけど左後ろ足に傷ができてそこにバイキンが入ったようで足が膨れ上がっているんだ、痛いんだよ
「ホマレオー」 早く医者に見てもらった方がいいよ
「マローン」 うん、昨日朝早く獣医に来てもらって、抗生物質と痛み止めの注射を打ってもらったので痛みは少し引いたよ、2~3日注射をしてもらうことになっているだ
「ジェニェ」 そうかそれはよかった
「ホマレオー」 マローン当分横になるのはムリだけど頑張ってよ
「マローン」 みんなに心配かけてしまったなあ・・ありがとう

爺との会話

「ホマレオー」 マローン君、なんだか最近爺が元気ないけど何か知っている?

「マローン」 あれはね、ジェニェが落としたからだよ。

「ホマレオー」 えー、そんなことがあったのか、知らなんだ。おーいジェニェ、そんなことがあったのか?

「ジェニェ」 うん、1月に爺がえらい張り切って、「ジェニェ、今年は君としっかり付き合うよ」って1月21日だったと思うよ、軽く20分くらい運動して帰ってきて下馬しょうとした時に僕が立ち上がったんだ、腹帯が切れてドタンーと落ちたんだよ。

「ホマレオー」 ジェニェ、マローン、爺には特に気をつけなくちゃ、まだ腰が痛いってぶつぶつ言ってたよ。
「人事考課」じゃなくて「馬事考課」をして成績が悪ければ人参が手に入っても成績によって差をつけてやろうかとかなんとか言ってたよ。

「ジェニェ」 いやー参ったな。

「ホマレオー」 それからね、爺がねずみ取りを仕掛けていた、あれにはいつもかからないもんだから紙に書いて貼ってたよ。

「マローン」 どう書いてたの?

「ジェニェ」 ” チュー公君に告げる、君達は上手く飼料の袋を破るからお礼に肉をご馳走します”ってさ。
あれで肉を食べるとふたが閉まるんだよ、多分ダメだと思うよ。

ホマレオー お久しぶり!

2月21日(日)、名古屋から女性二人がホマレオーに会いにきてくれました。
競馬で走っていた時からのフアンだそうです、ホマレオーはクラブでもやさしくて乗りやすい馬として人気ものです。

ホマレオーは食欲旺盛で早食いなので、彼女が来たときは「馬の品格を見せよ」といっておきました。幸い朝食は済ませた後で、既に会員が騎乗してウオーミングアップは充分。彼女にも楽しんで乗っていただきました。

またきてくださいね!

ホマレオーに久しぶりに会って満面の笑み

ホマレオーに久しぶりに会って満面の笑み

騎乗!

騎乗!

騎乗後姉が記念写真

騎乗後姉が記念写真

ホマレオーまた来るからね「エーもう帰るのどうして?」

ホマレオーまた来るからね「エーもう帰るのどうして?」

馬との会話

ホマレオー、君ってすごいね。実は先日名古屋のある女性からメールが入って、ホマレオー君がどこにいるのかインターネットで探してたんだって、ようやくここにいることが分かったって大変喜んでおられたよ。
それで機会を見てぜひ会いにいきたいと言われてた。うれしいね、ホマレオー!
爺からちょっと注意しておくけど、彼女が来られたら早食いのところは見せない方がいいよ 品よくするんだよ いいね!

初馬会

本年最初の乗馬となる「初馬会」は雨のため中止となる。会員が集まって乗馬の準備を仕掛けた頃から雨がひどくなりやむなく中止をせざるを得なかった、残念でした。

馬たちの会話

「マローン」 今日は初馬会実施できず残念だったね、僕は少し皮膚炎に罹って首のあたりがかゆくってたまらんかった。それで厩舎の消毒をしてもらい、ジャック君がいた厩舎(5号)に替えてもらって、また首には薬を塗ってもらったので大分楽になったよ。

「ホマレオー」 ジェニェ君最近よくクシャミをしているけど大丈夫かい、風邪引いたんじゃないかい。

「ジェニェ」 そうなんだ風邪かなあ・・・でもインフルエンザの予防注射を打ってもらっているから大丈夫と思うんだ。

「マローン」 ノン爺が先日僕にホマレオー君のことでぐちっていたよ。

「ホマレオー」 なんて言ってた。

「マローン」 ホマレオーは厩舎の6号厩舎だろう、7号厩舎には僕らの食材があるからそこで準備をして6,5,4号と順番に飼料をくれていた、だから君が一番先に入れてもらっていたことになるんだ、だからジェニェはいつも最後になるからと思ってノン爺が順番を4,5,6にしたり気を使ってくれていたんだ、それにホマレは順番が遅いといっておが粉を廊下に蹴散らしていただろう、困ったことだって言ってたよ。

「ホマレオー」 そうだったのか、分かったよ順番を待つよ。