☆☆☆☆☆☆ 丹馬ライディング・クラブ ☆☆☆☆☆☆

ホーム » 2008 » 12月

月別アーカイブ: 12月 2008

「マローン」たちの会話

「マローン」 ジャック君先にうわさしていた新しい仲間が入ってきたね。
「ジャック」 そうなんだ僕とマローン君の間の部屋を準備していたから間もなくだろうとは思っていたんだ、それにしてもびっくりしたよ
「マローン」 何をそんなにびっくりしたんだい
「ジャック」 君とあまりに似ていたから、だってみけんの白い星があるのは君そっくりだったよ、弟じゃないだろうね
「マローン」 僕には弟はいないよ、・・・ああ、それで分かったよ。ここの会員さんで女の子(牝馬)だと思った人がいたからね、女の子と思う位やさしい子だよ、仲良くやっていけそうだね、寂しいと思うからお互いに声をかけてやろうよ
「ジャック」 そうだね、会員のおちゃんがアコーディオンを弾いてくれくから気がまぎれるかも知れないね
「マローン」 でも正直なところ、あまり上手くはないね、だって同じところで間違ってるよ
「ジャック」 まあ、それくらいは許してあげようよ

新馬が入りました

12月7日(日)三木から新馬が入ってきました。名前はメイショウ・ジェニエです。
平成5.5.10生まれ、サラブレッドの牝馬です。先輩のマローンから後日詳しく紹介します。

仲間が増えます

ジャックとマローンから皆さんへ

[ジャック] マローン兄い、知ってるかいまもなく1頭増えるらしいよ
[マローン] そうだね昨晩遅く役員会をやっていたね、どこに入れるかって相談していたのは知ってるよ
[ジャック] 僕たち2頭では寂しいなあと思っていたんだ、それに先日行われた体験乗馬だって30人からの人を僕たちだけで頑張ったんだよ
[マローン] でも人参を沢山食べれたのは最高だったね
[ジャック] マローン兄い!体験乗馬の最後のほうでは嫌になったのか走りかけてたね
[マローン] 分かったかい、新しい友達も来ることだし気をつけるよ。でも楽しみだね新馬が入ってきたらまた紹介するからね、バイバイ

本の紹介

乗馬をしている関係でいろいろな本を読んでいるが、モンティ・ロバーツの「馬と話す男」には感動した。

ホース・ウィスパラー(馬にささやく人)である彼は、父親が行っていた両肢をロープで縛ってこらしめる伝統的で残酷な調教法を否定し、馬の自発性を信じ、ロープも鞭も使わず調教する方法<を見つけ出した・見いだした・主張した>。動物の気持ちを信頼して付き合うことが大切であると説いている。

この考えは犬にも通ずるのではないかと実践した人がいる。ジャン・フェネルの著書「犬の言葉を学ぶ」である。これもまた犬を飼っている人にはぜひ読んで欲しい本である。

ただ残念なのは、モンティ・ロバーツがホース・ウィスパラーとしてモデルになり、その制作への参画が求められた「モンタナの風に抱かれて」という映画が、本来の意図からかけ離れてしまい、少女のトラウマを癒すために馬の意志が踏みにじられてしまったので、「小説のモデルとして自分の名前を使う事は許さないし、映画の方の技術指導も、もちろん引き受ける気はありませんでした」ということで断ってしまったことです。