☆☆☆☆☆☆ 丹馬ライディング・クラブ ☆☆☆☆☆☆

ホーム » 2009 (ページ 2)

年別アーカイブ: 2009

アーカイブ

伊藤さん 見学如何でしたか

「ジェニェ」 お姉さん、こんにちは! でもびっくりしたよ。だって、知らないお姉さんが僕の名前呼ぶんだもん、でも嬉しかった。
「爺」  ジェニェ君、ここのクラブのことはホームページでご覧になったんだって。ジェニェ君の前の廊下が一番きれいだっていうこともご存知だったよ。
「ジェニェ」 ラッキー、僕、前がきしないもんね。
「爺」  ジャックはひどいからね、爺が車を駐車した時からやってるからなあ。
「ジェニェ」 爺、ジャックは若いからお腹が早くすくんだよ、僕も若い頃はそうだった。許してやって!
「爺」  でもね、少し遅れるとドアーまで蹴ってるから肢を傷めても困るから、とにかく先にあげたりするけれどごめんよ。
「ジェニェ」 いいよ。
「爺」  お姉さんがこれからも時々来てくれるかも?
「ジェニェ」 やったー!!
「爺」  お姉さんからメールが来るかも、そうしたらみんなに教えてあげるからね。

お知らせ「馬の健康管理」について

6月29日にインフルエンザワクチンの注射が終わりました。3日間の休養が必要でしたが、それも過ぎ騎乗ができます。乗りに来てください。

ノン爺から一言

ホマレオーほか君たちは馬房から廊下にゴミを出さないようにして欲しい。ホマレオー君は一番の年配者なのに一番ひどかったよ!気をつけて欲しい。

それに最近食事を準備中にまえがきをするだろう、ここに来たときはおとなしくしていたのに、隣のジャックがまえがきをするもんだから同じようにしているけれど君から見ればジャックは子供なんだから大人の君が子供の真似なんかするもんじゃないよ、ジャックのお手本にならなくちゃ、たのむよ!ところで一番きれいなのはジェニェだった。

さて、君たちと約束している近所の風景写真を撮ってきたから紹介します。
高速道路の看板(馬場まで約200メートル)

高速道路の看板(馬場まで約200メートル)

「ふれあい牧場」入口

「ふれあい牧場」入口

入り口

牧場の中に小動物小屋に山羊、羊、豚などがいます。

牧場の中に小動物小屋に山羊、羊、豚などがいます。

第セクター「農夢」から風車小屋を望む、この右下が君たちのいる馬場ですよ。

第セクター「農夢」から風車小屋を望む

俳句会の皆さんの見学がありました

綾部市民俳句会6名の皆さんの訪問を受けました。
6月25日(木)昼前に手に手に手帳を持って風景を見ながら盛んにメモを取りながらの訪問でした。
飼い葉や馬房説明をし、馬と接するには沢山声を掛けてやってくださいとの説明に「可愛いね」「たてがみがサラサラしている」といっぱいなでてもらっていました。馬を題材にした素敵な俳句ができればいいですね。

マロン、具合はどうかい

「ジェニェ」 マロンもう大丈夫のようだね、すごく騒いでいたけど何をしてたんだよ
「マローン」 あれはね、僕が食欲がなかったのでみんなが心配して、役員会のあと僕の口の中がどうにかなっているんじゃなかと舌を引っ張り出して見てくれたりしたんだけど、あまり長くするもんだから痛いよ!って馬房の中で暴れたんだ
「ジェニェ」 そうだったのか、びっくりしたよ、だって鎖は切れるは廊下で君がひっくり返っているんだもん
「マローン」 少し足腰は打ったけど大きなけがにはならなかった、もう大丈夫だよ
「ジェニェ」 よかったね、食欲がないのはどうしてなんだい
「マローン」 あのことがあってから食事も普通だよ、原因は僕にも分からんのだよ、心配してくれてありがとう これからもよろしく

こどもの日に寄せて

子どもの日はふれあい牧場には沢山の子どもたちがやってきます。乗馬クラブ会員で「移動エデン牧場」を経営している岩澤氏がポニーをつれてきて幼児に体験乗馬をやっていました。実に可愛い写真が撮れました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

2009年乗馬体験会

5月3日連休の真っ只中、幼稚園児から高校生まで馬に触ったこともない60名近い子どもたちが乗馬に挑戦した。
理事長から馬に対する注意事項を聞いたのち、会員による引き綱で広い馬場を一周、乗った当初は緊張した表情も帰ってきたころにはVサインも出るなど緊張もとけ、両親のカメラにもうまく収まったようだ。騎乗後は厩舎で他の馬に人参を与えたり触ったりして馬ってこわくないんだ目がやさしいねと馬への理解を深めてくれたようだ。
またの日を楽しみに、さようなら。

馬のくせ紹介

馬たちは私のことを「ノン爺」と呼んで会話をしているそうだ、だったら私も彼らのくせを紹介しよう。
厩舎には馬房が7室あります。入口から入って一番奥の7号部屋は、今は飼料の置き場になっていて6号室にホマレオーから順次入っております。

ホマレオー(6号室)は一番新しく入ってきました。隣の若いジャックのまねをします。給餌のため厩舎に車が  近づくとまえがきをしています。来たころはそんなことはなかったのですが、ジャックがひどいまえがきをするものだから同じようにするようになりました。でもエサを混ぜてやる時は行儀よく待っています。しかし、早食いで一番若いジャックが6割位の時にはきれいに食べ終わっています早食いのホマレオーです。

ジャック(5号室)は4頭の中で最も若いが厩舎の中では一番古株です。若いだけあってお腹が直ぐすくのだろう早く々と催促のまえがきがひどい。食べ始めたらエサを混ぜる際にも顔を離さない激しい食べ方である。

ジェニェ(4号室)はエサを入れ終わるまでは、まずオシッコをして「武士は食わねど高ようじ」と言わんばかりに知らぬ顔して窓の外を見ている。入れ終わるやいなや食べ始めるがエサを混ぜかけるとちゃんと顔を上げて待っているところはえらいが、エサをいっぱい飼い桶の下に撒き散らすのはもったいないよ。

マロ-ーン(3号室)はジェニェに似てエサの時間になっても知らぬ顔して外の景色を見ている、エサを入れ終わると混ぜる間も顔にエサのフスマが顔にかかろうが食べ始めると夢中になる、食べ方は遅い。

府立中丹養護学校のみなさんが来訪

2009年3月30日(月)11時に車椅子の子や父兄、学校の藤原先生を含め20人近い方々が馬を見にこられた。

最初に丹馬ライディング・クラブの秋山保彦理事長から「見学について大きな声を出さないこと、走らないこと、馬の後ろには行かないこと等」あいさつと注意事項がありました。

副理事長の秋山から「馬は鏡とも言われます、それは5つやさしくしてやれば5つのやさしさが帰ってくる」からですとの説明に、車椅子の子で発言が困難な子どもさんだったが、体いっぱい使って「そうだ、そうだ」と賛同してくれたのが大変うれしかったよ!だって馬がほめてもらったんだもの。 持参した人参をあげたり、顔に触ったりして馬とのコミュニケーションが図られた。少し怖かった子もあったかな、どんな感想を持っただろうかお聞きしたいものだ。

また来てくださいね! お待ちしています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

馬の耳に念仏?

「ホマレオー」 ジャック君時々ぶー、ぶーと音楽が流れているがあれは何だよ
「ジャック」 あーあれはのん爺さんがアコーディオンを持ってきて弾いているんだよ
「ホマレオー」 そうなのか、あまり上手くないね、だって同じところばかりやってるし音も今一つだね
「ジャック」 そうなんだけどのんさんが僕にちょっと辛抱してくれよと言ってた、家でもうるさがられているらしいよ
「ホマレオー」 そうなのか、まあしかたがないか、僕らの耳が良過ぎるのかなあ。
「ジャック」 人は僕らの耳のいいことをあまり知らないようだね
「ホマレオー」 そうなんだ「馬の耳に念仏」といったことわだがあったりする、これは一向に感じないことという意味だが、こんな誤解をされていることは残念だ。僕らの耳は前方、横、後方に180度動かせるから立体音を聞き、音で相手の位置を確認できるんだよ。
「ジャック」 先輩はいろんなことよく知っているね、これを機会に皆に話を聞かせてよ
「ホマレオー」 うん、僕でよければ知ってることはを皆に聞いてもらうよ。